大連の港が閉鎖 石油パイプライン爆発で 現地取材も禁止

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-7-23 10:02
iPhoneMania  マチシリ補佐 居住地: Tokyo  投稿数: 51
引用:
【大紀元日本7月22日】中国大連新港で16日に発生した石油パイプラインの爆発・炎上事故で、約1500トンの原油が海に流出、約430平方キロメートルの海域が汚染されたことが中国国内メディアの報道で明らかになった。同港の9割近くの停泊地が閉鎖され、20数隻の処理船が24時間体制で原油の除去作業を行っている。関連政府機関は、除去作業には約1週間かかるとみている。

 一方、中国宣伝部は20日、国内各メディアに内部通達を出し、今後同事件に関する報道は全て新華社の報道のみを転載し、各社独自の現場での取材を禁じるとの情報が中国国内メディア関係筋により伝えられている。

 16日の爆発による炎上は20数時間続き、原油が海に流出した。それに加え、現場海域で強い風が続いたため、汚染がさらに拡大したもよう。中国海洋監督船19日の観察によると、汚染された海域はすでに430平方キロメートルに達した。

 遼寧海事局は汚染海域で約7千メートルの長さの柵を敷設、19日から20数隻の処理船を出して、原油の除去作業を始めた。現場作業員によると、海面に浮かぶ原油の厚さは1メートルに達するところもある。

 今回の事故により、9割近くの停泊地が閉鎖されたため、影響はかなり大きいと指摘されている。韓国「聯合ニュース」によると、大連新港が回復するまで10日以上かかると見られ、韓国の貿易商社は出荷のための停泊地探しに手を焼いているという。
続きはこちら
投票数:77 平均点:7.14
返信する

大連タウン掲示板このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ


[ PR ]

456
123